​暮らしを支える

老舗機械屋の技術伝承。

『農業機械整備』地域の人々からの多くの信頼は、長年の付き合いと実直な仕事ぶり。そんな大島鉄工所の魅力を取材した。

​長岡市脇野町 【大島鉄工所】

​高度な技術と深い信頼関係で地域の人々の暮らしを支える。

 明治時代、野鍛冶として農業には欠かせない鍬(くわ)や鋤(すき)、鎌(かま)などを修理・加工し、人々の暮らしを支えてきたことからスタートした「大島鉄工所」。以降、修理の対象は自転車、水道、自動車…など時代と共に変化し、自然と『物が壊れたら“大島さんとこ”で直してもらおう』が、街の人たちの共通の認識となっていった。

 創業当時は、もみすり機や精米機といった農機具の製造をはじめ、西山の油田開発をきっかけにねじ切り加工も行い、鉄工所として事業を展開。戦後の自動車普及に伴い、自動車整備工場の認証を取得する。有能な人員、設備そして実績から、翌年には指定整備工場となり、民間では珍しい車検整備もこなせる企業となった。

農家の人口が減り、一人当たりの農地が増加する“農業の大型化”が進む今、会社もまた変革の時を迎えていた。農機具、除雪車、自動車の3本柱を中心に、販売・修理・メンテナンス・買取り、自動車の車検・整備も行うほか、GPSやドローンを採用した最新農機具の販売や、中古農機の取り扱いも開始。長年の経験に新たな知識を加え、人々の暮らしをサポートし続けている。

 困った時に相談できる相手がすぐ近くにいる。その環境が当たり前にある三島の人々がとても羨ましいと思う。

仕事ですから大変なこともありますが、農家さんに『ありがとう』と言ってもらえると嬉しいと話す勤続32年の田中さん。休日はカヌーを操る趣味人でもある。

​異業種から転職してきた吉田さんは現在農機具整備を担当。私たちの取材にも快く答えてくれた。

農家を想い、寄り添い、救いの手を差し伸べる。

 「大島鉄工所」では、自動車整備と農機具・除雪車の整備とで部署が分かれている。自動車整備には資格取得がマストだが、農機具・除雪車の整備には必須資格がなく、未経験者・女性整備士も大歓迎。幅広いラインナップで自動車とは違うおもしろさがある農機具整備には、思わず夢中になる魅力があるようだ。

 6年前から働き始めた吉田さんは、接客業で活躍していた転職組み。農機具どころか自動車にも関わっていない全くの異業種だった。「普段は農機具の整備士として、出張メンテナンスを行っています。田植えや稲刈りシーズンなど、農家さんが忙しい時期ほど修理の依頼が来るのですが、対応して感謝された時にやりがいを感じます。この仕事では経験値が重要。先輩方のように頼られる存在になりたいです」。

 訪れるお客様のほとんどは「〇〇さんがいるからここで買う」、「機械の調子が悪いから〇〇さんに見てもらいたい」と、対応するスタッフを指名する。農機具整備士の田中さんは指名率の高いスタッフの一人。多くの農家さんから信頼を得ているようだ。

「農機具整備は畑や田んぼ、山に出て作業する機会が多く、新しい発見がたくさんあります。農家さんによって農地、使う道具も違うので、仕事をしている内に自然と特性もつかめてくるはず。付き合いが長い分、要望に合わせた提案をしやすいのかもしれませんね」。アフターケアが重要となるこの部署では、各種メーカーによる資格試験もあり、興味があれば会社が資格取得をサポートしてくれる。

 農家を支える仕事を楽しむのも、さらにマニアックな知識を得るのも自分次第だ。

前で述べたように大島鉄工所の仕事は幅広い。こちらは自動車整備部。新車の販売はもちろんのこと車検整備から重整備までをこなしている。地域の人々にとってはなくてはならない足としての自動車。この日も近所の方がふらりと立ち寄り、整備の相談に訪れていた。地域の人々からは「なんでも気軽に相談に行ける機械屋さん」まさにそんな存在のようだ。

 醸造の街、鍛冶屋の街としても有名な長岡市三島地区で、70年余り営業してきた「大島鉄工所」。

 時代の流れと共に事業スタイルを変え、今なお地元の人たちに愛され続けている企業の一つだ。

歴史を感じる工場内は、鉄工所として建設された建物が整備工場とは思えない存在感を放っていた。建物は取材お話を聞かせてくださった大島真之さんの祖父が設計し建てられたという。時代と共に変化してきた同社の軌跡を感じた佇まいでもあった。

 本社からすぐそばの預かり場では、農家さんの大型農機(トラクターやコンバイン)などが所狭しと並んでいた。季節によって使用する機会は異なるのでオフシーズンをそのまま大島鉄工所に預け点検整備をしっかりと行う農家さんが多いとのこと。これだけ多くの農機が集まるのも長年の信頼と実績があるからに違いない。まさにそれを物語る圧倒の台数は私たちも目を疑った。

​DATA
​有限会社 大島鉄工所

940-2306 新潟県長岡市脇野町2268-2

  • Instagram
応募フォーム
  • Instagram

推奨環境

Google Chrome 、Firefox、 Safari (バージョン11 以上)、Windows 10 Microsoft Edge に対応しています

  • iPhone: iOS 11 以上 (iPhone 6 以上)

  •  Android: 7.0 以上

styry編集部
info@styry.com  0258-46-1828
運営・企画・編集・制作・撮影